So-net無料ブログ作成

映画オレンジの主題歌「未来」の世界観に土屋太鳳・山崎賢人も感動! [映画]

高野苺さんの同名漫画を実写映画化した

「orange-オレンジ」の主題歌がコブクロの

手掛けた「未来」に決定した事が解りました。

スポンサードリンク






映画「オレンジ」は、16歳という多感な年頃の

女子高校生・高宮菜穂に10年後の自分から

手紙が届くところから物語は始まる。


高宮菜穂を土屋太鳳さん。

彼女が思いを寄せる成瀬翔を山崎賢人さん

が演じます。


どうする事も出来ないかも知れない

現実に必死に立ち向かう彼女の

姿に感動します。


SFラブストーリーの物語の世界観を

表現するのが、コブクロ。


本作の為に原作の「orange」を読み

未来という言葉は前向きにも

捉えられますが、未来はどうなるか

解らないという刹那な不安とも

隣合わせである事を、この物語で

感じ、その感じを歌にしたそうです。


また、もし今がどんなに辛くても、

いつか辿り着く未来から今を

振り返って、笑える日が来て欲しい。


そんなイメージでこの歌詞とメロディー

を描いたそうです。


映画の中で描かれる、たとえ思いは

叶わずとも、愛する人の側にいたい!

届けられなくても、今、そばにいたい!

そんな強くも、か細い思いに呼応する

楽曲とで、忘れていた純粋な思いを

忘れていた何かを呼び起こされるに

違いない作品です。


主演の二人は朝ドラ「まれ」での

夫婦役を演じ、息もピッタリの

コンビです。


二人とも、映画の世界観に凄く合った

楽曲に、ものすごく胸にしみて感動

したそうです。


今年の12月12日公開予定です。


公開は、まだ少し先ですが、

コブクロの「未来」がリリースされると

楽曲の世界観から映画へ誘われて

いきそうです。(リリースは未定)


日本映画の繊細さで懐かしい

自分に会えるような気がします。


美しいハーモニーと美しい映像を

目にした時、忘れていた感情が、

皆によみがえる。


スポンサードリンク





スポンサードリンク

2 6 7 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました