So-net無料ブログ作成

U-18野球ワールドカップ日本惜敗!オコエ等の志望進路先は? [スポーツ]


9月6日甲子園にてアンダー18

野球ワールドカップ決勝が行われた。



結果は、日本1-2アメリカの惜敗。

アメリカが3連覇を果たした。

ただただ、残念です。

スポンサードリンク





試合は3回表のアメリカの攻撃で、

ヒットと犠打で1アウト2塁で打者が

フォークを引っ掛けピッチャーゴロに

打ち取るが、三塁への送球が悪く

その間に先制のホームを踏まれ

更にライト前にタイムリーヒットで

2点目をとられた。


結局、この2点目が決勝点となり、

エラー絡みの失点での敗戦で

後味の悪い結果となってしまった。


試合後、4番DHの清宮幸太郎(1年)

は「何も貢献出来なかった。ケガも

あったし、迷惑ばかりかけてしまって

申し訳ない気持ちで一杯です。」

と、目を真っ赤にして声を

振り絞って話した。


もちろん、4番の責任は重いが

将来を見据えての監督の采配。


彼一人の責任では決してない

と思います。


今大会の彼の成績は、8試合

27打数6安打、打率2割2部2厘。


全大学選抜との壮行試合で大学

最速の創価大の田中投手から

高目の直球を打ち、その才能の

非凡さを見せていただけに・・・

期待して見ていた側も落胆して

しまった。


まだ、高校1年生。

来年、再来年とアメリカに

リベンジを期待したいと思います。


負けた試合ですが、5回から2番手

でマウンドに上がった上野翔太郎投手

(中京大中京 3年)はアメリカの強力

打線を9回まで1安打無失点と抑え込んだ。


個人的には、日本が大勝するものだと、

思いながら試合を見ていた。


投手力や守備力に頭脳的な攻撃面、

いつも通りなら100%勝てる!

そう信じていた。


勝てば初優勝。

悲願の優勝。

こうメディアに連日報道された事が

災いしたのかは、分からないが

この日の彼等は固かった。


見た事の無い送球ミス。

無理をした守備と落ち着く前に

先制点を取られてしまった。


勝負は時の運かもしれないが、

こういう時のアメリカはヤッパリ

強かった。


しかし、オコエ(関東1高 3年)は、

さすがと思った。

チームが先制点を取られ沈んだ

雰囲気の中、右中間に抜けそうな

当たりを気合のファインプレーで

活をいれた。


彼の守備には、試合の流れさえ

変えてしまいそうな気迫を感じる。


技術の高さも勿論ですが、そんな

気迫にプロも注目しています。


話題の多い大会でした。


その中で、3年生の進路希望が、

見えてきました。


 < 投手 >


佐藤世那 (仙台育英) = プロ

成田 翔  (秋田商)  = 社会人

高橋樹也 (花巻東) =プロか社会人

小笠原慎之介(東海大相模)=プロ

上野翔太郎(中京大中京)=大学

高橋純平(県岐阜商) =プロ

森下楊仁(大分商) = 大学

勝俣翔貴(東海大菅生)=プロ


 < 捕手 >


伊藤寛士(中京大中京)=大学

郡司裕也 (仙台育英)= 大学

堀内謙伍 (静岡) = プロ


 < 内野手 >


平沢大河(仙台育英)=プロ

津田翔希(浦和学院)=大学

宇草孔基(常総学院)=大学

杉崎成輝(東海大相模)=大学

篠原 寛(敦賀気比) =大学


 < 外野手 >


豊田 寛(東海大相模)=大学

オコエ瑠偉(関東第一)=プロ

船曳 海(天理) = 大学



以上が現時点の進路希望です。


甲子園を沸かせてくれた。

ワールドカップでも楽しませて

くれた彼らに感謝したいと思います。


熱い夏も彼らのお陰で見てる

こちらまで更に熱くさせてもらいました。


彼らの凄いプレーに感激しました。

こんなに熱い高校生がたくさん

いる事が凄く嬉しかった!


そんな感動を与えてくれた彼等を

これから先も応援していこうと

思います。


今回の結果は残念でしたが、

彼らのプレーを見た次の世代が

必ずリベンジしてくれる事を

信じたい^^


最後まで読んで頂き

   ありがとうございます。

スポンサードリンク 

















スポンサードリンク

2 6 7 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました