So-net無料ブログ作成

雨の多い季節!いまさら聞けない秋雨前線とは!! [ニュース]


全国的に雨の日が多くなっています。


所謂、秋雨前線の仕業らしいが、

秋雨前線とは一体どんな前線なのだろう。


 < 秋雨前線とは? >


8月下旬から10月頃に降る長雨の事。

夏の暑さをもたらしていた小笠原気団の

勢いが弱まると、オホーツク海気団との

間に「秋雨前線」と言われる停滞前線

が出来ます。

このため、雨の降りやすい日が続きます。

秋雨前線がなくなると、高気圧と低気圧

が、交互に日本列島を通過するように

なります。


また、小笠原気団が弱まった為、台風が

接近する事が多くなります。


9月上旬は、晩夏から初秋へと変わる

時期なので、年によって天候に大きな

違いがあります。


現在の秋雨前線と雲の流れから

大雨や竜巻の恐れもあります。

天気予報を確認しながら、外出

した方が良いでしょう。


この時期はなぜ大気が不安定なのか?


・冷たく乾燥したシベリア高気圧

・やや暖かく乾燥した秋特有の高気圧

・暖かく湿った小笠原気団で構成

 される太平洋高気圧

・冷たく湿ったオホーツク海高気圧


これら主に4つの原因で発生した冷たい

高気圧が、真夏の猛暑をもたらしていた

太平洋高気圧とぶつかります。


この性質の違う高気圧がぶつかる為

大気が不安定となり、雨を降らせるのです。


梅雨のような「秋雨入り」や「秋雨明け」

とは、言いません。


また梅雨は東南アジア、東アジアを

含む広い範囲でおきますが、

秋雨前線は日本周辺のみにみられる

現象です。

スポンサードリンク






なぜ前線というのか?


・戦場の最前列の敵と直接に接触する線。

・気象で、寒・暖二つの気団が地表面で

 接触する線。


つまり性質の違う気団がぶつかり合う

位置である一つの線を境に気温に

大きな差がある境界線。


また今年は例年よりも多く台風が

発生しています。


この台風と秋雨前線の組み合わせ

には最大限の注意が必要です。


強風にももちろん注意が必要ですが

この時期は何と言っても雨量に警戒

しなくてはなりません。


土砂災害や河川の氾濫など台風が

通りすぎた後の方が注意が必要

となります。


くれぐれも自然の驚異を甘く見る事

なく個人的にも準備をし、注意しましょう。


最後まで読んで頂き

    ありがとうございます。


スポンサードリンク







スポンサードリンク

2 6 7 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました